店舗は増えていく

生活用品

各種コンビニは、経営を志願しているオーナー候補を集いフランチャイズ契約を結び店舗を展開していくのです。
これはコンビニだけではなく、全てのフランチャイズ展開をしている企業に言える事になります。

企業側は沢山の店舗を構える事によって、沢山のロイヤリティーを手に入れる事ができます。
加盟店は企業の名前を借りる事ができ、店を安心して運営する事ができるのです。
個人経営をするよりかは比較的収入を得る事ができるのです。

企業にも経営者にも得があるのがフランチャイズという仕組みなのです。

Read More

契約のプランとは

おにぎり

フランチャイズ契約のプランは、まず土地も店舗も自分で用意するのかまたは用意して貰うのかになります。
どのプランにするのかによって、営業した時に支払うロイヤリティが決まってくるのです。
自分の負担分が多いほどロイヤリティは少なく、負担が少ない分ロイヤリティは多くなるという形がほとんどです。

そして契約期間も各種コンビニによって様々です、ですが大体は七年から十年となっています。
これらも考えた上でフランチャイズ契約を検討しましょう。

そしてプランも決まったのであれば申し込みをし、審査に通ったのであればあとは開店に向けて色々と準備が進むのみになります。...

Read More

契約の流れ

カード

各社コンビニとフランチャイズ契約を結び、一つの店舗を運営するのにはどの様にすればいいのか説明します。

まずはどの企業と契約をするのか検討する必要がります。
日本国内のコンビニチェーンは大手だと18社になります、その中から自分が持ちたい店舗の会社と契約をするのです。
各社に資料請求をしたり、ホームページで情報を確認したりしてコンビニを検討していきます。

そしてこのコンビニとフランチャイズ契約をすると決めたのであれば、次はそのコンビニの説明会へ申し込みをします。
説明会は各都道府県で行われています、しかしコンビニによっては全く行われる予定がない県などもあります。...

Read More